法人向けのETCカードには、どんな種類があるの?

法人向けのETCカードには、どんな種類があるの?

法人向けに用意しているもので有名なものは2種類ありまして、一つは「ETCコーポレートカード」で、もう一つが「ETC法人カード」です。
この二つの特徴をご紹介しておきましょう。
 
1番目「ETCコーポレートカード」です。
オススメできる会社は月額30,000円以上NEXCO管轄の高速道路を利用する場合です。
『東日本高速道路株式会社』『中日本高速道路株式会社』『西日本高速道路株式会社』の三社(NEXCO東・中・西)が発行しているETC専用カードです。
 
NEXCO東・中・西が運営している高速道路で「大口割引」「多頻度割引」が利用できます。
それ以外の割引も適用されますが、「大口・多頻度割引」はETCコーポレートカードでしか利用できない特典です。
法人向けのクレジット一体型カードでは利用できないのです。
 
複数のドライバーや複数の車両を使っていると運行管理が大変ですよね。
「ETCコーポレートカード」を使えば、割引が適用されますし、業務の効率も捗ります。ETC割引の中でも最も大きな割引になります。
 
特徴としては、カード毎に利用する契約者名義の車両を登録しなければなりません。
1枚1枚のETCコーポレートカードには、登録した車両の車両番号が記載されます。
それ以外の車両を使っても「ETCコーポレートカード」が対象になっている大口・多頻度割引は利用不可です。
地方へ出張に行ってレンタカーを使ったりする場合や、社員名義の車を利用する場合は適用外です。
 
2番目「ETC法人カード」です。
こちらのほうは「ETCコーポレートカード」とは違って、高速道路の利用が少ない企業に向いています。
利用料金に応じてマイレージは蓄積します。そのポイントを利用して高速道路の通行料金に変換できます。
レンタカーなどでも利用できるメリットもあります。
 
全国異業種協同組合連合が発行するカード。
前述したETCコーポレートカードは、高速道路の利用頻度が高い運搬事業をメインとした業者が中心です。
中小企業にはハードルも高いですので全国異業種協同組合連合が「ETC法人カード」の提供を始めたのです。
利用する都度、ETCマイレージサービスを使えます。
 
このシステムによって、利用金額が少額でもコツコツとマイレージを貯めることができます。
確実に高速道路の利用料金を安くできる面が一番の特徴です。すこし、ETCマイレージサービスについて解説しておきましょう。
 
「ETCマイレージサービス」は高速道路や有料道路でETCゲートを使ったら、その金額に応じたマイレージのポイントが貯まります。
そのポイントを無料の通行分と交換できるようになっています。登録無料ですし年会費も無料になっています。

ETC 法人

ETCカード 法人